DQMSL

【DQMSL】1日3戦GP回顧#3

みなさんこんにちは!きむちです。

週2日目でまだゴールデン帯から上がれていないきむちです。現環境のウェイト120は星の数がモノを言いすぎる。と文句を言っても仕方がないので、技術力と工夫でカバーします。今回は前回の反省を踏まえ、耐久パを組みました。

ケトス、超竜王、暗黒の魔人パです。サンダーバードはもうほとんど見かけないですが、一応素早さが高く使い勝手は悪くないです。ボーナス狙いですが。またシールドオーガにも30%ボーナスが付きます。これは驚きです。そんなに良いところはありませんが、みがわり役でボーナスが付くのはうれしいことです。このパーティのボーナスは80%。中々の数字だと思います。あとは勝率のみ!早速回顧していきましょう。

1戦目です。相手はケトスリーダーのジェマ、ラース、ウルノーガのパーティ。におうだち役としてあかつきしょうぐんが入っています。こちらの攻撃は竜王主体なので2ターンの間ラースに攻撃が入りにくいのは痛いです。

ここからは読みです。ウルノーガは最初青の衝撃を使ってくることが多いです。理由としてはケトスと暗黒の魔人がバフを使うからだと思います。私でもウルノーガを入れていたら青の衝撃かなと思います。メンバーによってはゴールドアストロンですが。ここで、体技予測をしていると反射でウルノーガのバフを消せるので優位に立てます。このバフを消せるのと消せないのでは2ターン目以降大きな差が生じます。今回はうまく青の衝撃を使ってくれたので反射できました。それにしても童子のぎしき強すぎではありませんか?反射できない、軽減できないとなると辛いところがあります。

2ターン目の防御、ナイス防御です。ここで暗黒の魔人が生き残ったおかげで逆転できました。竜王だけだったら負けてました。。。

ということで今回は申し分ない作戦だったのではないでしょうか。次回に活かす点は暗黒の魔人の防御ですね。暗黒の魔人は自動回復付きなので、生き残るだけで展開を変えることができます。

2戦目です。相手はケトス、オムド、暗黒の魔人です。宵闇の魔人がにおうだち要因、ウルスラが回復要因のようです。こちらは超竜王がいるのでオムドは怖くありません。割とオムドパが相手になると諦めることも多いですが、この方は戦ってくれました。オムドを相手にする場合はピオリムを入れます。理由は簡単で2ターン目のみなんとかすれば超竜王でリバース解除できるからです。また、リバースを使わなかった場合有利に働きます。相手も耐久パのため、中々勝負がつきませんが、超竜王に変身したらあとはこっちのものです。今回は相性が良すぎました。反省すべき点なし。

3戦目です。相手は災厄の王、オルゴデミーラ、ゾーマです。災厄の王、ゾーマはほとんど見かけないですね。ゴールデン帯だからこそのパーティな気がします。災厄の王がリーダーなのもよくわかりません。HPと攻撃15%アップですが、恩恵があまりないような。。。おそらく初心者~中級者なのでしょう。

いや、よく見返すと2ターン目ゾーマのサイコストームが超りゅうおう狙いで、あと1発超りゅうおうに入ってたらやばかった。。。あなどれないゾーマ!おそらく暗黒の魔人を残したらやばいと思ったのでしょう。素早さではゾーマに軍配が上がりますので、ここは超りゅうおうを狙って次のターンに暗黒の魔人を狙うべきだったのかなと思います。相手の回顧になりますが。

次に生かす点としては、2ターン目に超りゅうおうが防御でよかったのではないかと思います。安全に超竜王になって3ターン目に上を取れるようになれば勝率は上がる気がします。

ということで本日の回顧でした。早くカイザー帯に上がりたい。

それではまた次回!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です