DQMSL

【DQMSL】1日3戦GP回顧#2

みなさんこんにちは!きむちです。

二回目のGP回顧になります。今日からルールが変わりウェイト120となりました。120の印象は火力不足になりやすいということです。さらに現環境ではケトスやかみさま、暗黒の魔人といった高耐久力モンスターが多いため、どのように火力を稼ぐのか。もしくはどのように生き残るのかといった戦略が必要になります。ただし、生き残るといってもゴア・サイコピサロがいるので、回復モンスターだけではどうにもなりません。

さて本日1日目で組んだパーティはこちら。

魔獣主体です。ゴア・サイコピサロでバギ耐性を下げているため、ヘルゴラゴのハリケーンがケトスに刺さるようになります。また、くじけぬ心、亡者対策でキングレオを入れています。さらに残った亡者を昇天させるためにゴア・サイコピサロにヤリを持たせています。また、ゴア・サイコピサロ対策として、オーガキングにバギ盾を持たせています。

本日は週初めということでゴールデン帯スタートです。

まず1戦目。リーダー超ゾーマのレオパルド入りパーティです。おそらくバロンナイトとスカルナイトでみがわりをしつつ超ゾーマとレオパルドで敵を削っていく戦法でしょう。

キングレオの無慈悲なきりさきでレオパルドを落とせれば、あとはゴア・サイコピサロの暴風の儀式で閉めれます。

展開もほぼそのようになりました。途中レオパルドがくじけるハプニングがありましたがおおむね良い結果だと思います。ゴールデン帯ということもあり、星がついていなかったのも幸いです。このように展開が読めるバトルは落とさないようにしなければなりませんね。

2戦目です。相手はアーロにピサロにディアノーグエースという先制パです。オルゴデミーラも早いです。このパーティはおそらくケトスが弱点で耐久されると突破しにくいです。ただ、今回の私のパーティだと全て先制を取られるので、きついです。

やはりすべて上を取られてしまい、成すすべなく負けてしまいました。ここから学べる点としては、先制パに対して対策がとれていない。素早さがいくら高くても上を取られる。耐久は必要という点でしょうか。明日は耐久パを組んでみることにしましょう。

最後に3戦目です。こちらはケトスで耐久しながら超ハーゴンを育てていくパーティのようです。ケトス超ハーゴンはおそらく今週のテンプレでしょう。

対戦時は気づかなかったのですが、ケトスはふゆうすると味方に回避アップを付けます。盲点でした。キングレオの斬撃がことごとくよけられます。また、ゴア・サイコピサロの禁忌の左腕もダメージが低いです。これはウルノーガの防御を上げていそうです。こうなってしまうと成すすべありません。

次回に活かす点としてはまずケトスは回避を付けられること、斬撃主体のパーティは勝てないことです。明日は耐久パなので斬撃より体技や呪文主体になるでしょうからこのことは頭の隅に置いておくくらいにしておきます。

それにしても、GPやっていないのがモロバレなパーティ構成、特技選択になってしまいました。もっと回顧を活かして勝てるようになっていきたいです。

それではまた次回!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です