DQMSL

【DQMSL】1日3戦GP回顧#5

みなさんこんにちは!きむちです。

今日も元気にGPやっていきましょう。最近のGPは魔界と化していてパーティ考えるだけでも大変ですよね。私なんかカイザー☆2になった!と思ったらそこから連敗で1時間立たずにポイント全損してしまいました。。。さて、そんなことはどうでもよく、勝てるように考える。それがこの記事の趣旨です。今回もきちんと回顧していきましょう。今回のパーティはこちらです。

魔獣特化のパーティにしました。また、レオパルドをメダルで交換したためパーティに入れています。このレオパルドがなかなか強いのです。さらに40%もボーナスが付くという!合計で110%のポイントが付くため勝利率5割でもポイントが上がっていくのが良いです。

1戦目です。相手はケトス、ウルノーガ、ゴア・サイコピサロです。よく見るテンプレパですが、ウルスラとじめバブが入っています。この手のパーティはケトスが何をしてくるのか予想しなければなりません。ケトスが神獣王の防壁を使うならばバフはがし、空中ふゆうを使うなら斬撃ではない攻撃に変える必要があります。私のパーティだとハヌマーンが先制攻撃するので身も凍るおたけびを打つのか、マインドブレスや一刀両断を使うのかを考えなければなりません。私は神獣王の防壁を張られて斬撃が効きにくくなるのが嫌なので、身も凍るおたけび一択です。

今回はケトスが空中ふゆうを行ってきました。さらにじめバブがキングレオを眠らせてきました。キングレオはゴア・サイコピサロをくじけさせるマンなので眠られては困ります。また、ヘルゴラゴの獣王の猛撃がウルノーガに入らないと次のターンに上を取られてしまうので勝てなくなってしまいます。おまけにウルスラがザオリクでケトスを生き返らせ、完敗です。

次回に活かせる点はハヌマーンをどうするかでしょうか。一刀両断を付けていて、強力なので入れていますが、ケトスにかなり弱いです。他の候補としてはアルシオンがいますが、これも使い勝手は同じかもしれません。次回は一刀両断を使い様子をみることにします。

2戦目です。相手はじめバブ、ほうおう、超ゾーマです。来ました超ゾーマ。この魔獣パの最大の弱点です。この超ゾーマだけはダメです。1ターン目から無属性とくぎ無効、爆裂のこだまが高火力、しかも2ターン目まで継続可能。どう振舞えばいいかわかりません。ウルノーガとかギラ系特技があれば話は別なのですが。。。私の場合、レオパルドの偶数ラウンド時通常攻撃が会心の一撃になるを利用しようと考えています。

展開としてはほうおうを一刀両断+αで倒しました。じめバブも倒したかったです。2ターン目はじめバブの先制から始まり、状態異常で動けなくなり、そのまま超ゾーマで終了です。まぁじめバブがいなくても超ゾーマを削り切れなくて負けるパターンですね。

これは完敗です。超ゾーマ対策で何か考えなければ次に活かすもないです。ちなみにゲリュオンを入れてみたこともありますが、使いにくすぎるのと火力が低いのでやめました。とりあえずはレオパルドの群れのちから頼りでやってますが、単体高火力特技をキングレオかヘルゴラゴに付けられればと思います。

3戦目です。相手はWORLD、ゴア・サイコピサロ、ウルノーガです。ぬかどこスライムとブラッドマミーはポイント狙いでしょうか。おそらくくじけぬ心で耐えつつWORLD、ゴア・サイコピサロ、ウルノーガの高火力で落としていくのが狙いでしょう。しかしこちらは絶対くじけさせるマンのキングレオがいるので、こちらに分があります。また、みがわり役がいないのでヘルゴラゴの獣王の猛撃がウルノーガに直撃するのもいいです。

展開としてはほぼ読み通りですが、ヘルゴラゴの獣王の猛撃をウルノーガが避け、バフが消えないトラブルが発生しました。ミリ残しとはいえ上をとられると連撃で壊滅するまであるので危険です。今回は特に何事もなく倒すことができました。

活かす点としては、レオパルドの1ターン目がちょっと弱いかなと思います。星なしなので火力面が低いことはしょうがないかもしれませんが、現環境だととくぎ転生でなんとかなりそうな気もします。また、ハヌマーンは1ターン目身も凍るおたけびの方がよかったかもしれません。身も凍るおたけびでウルノーガのバフを消せていれば例え生き残ったとしても2ターン目に上を取られることはありませんからね。

それではまた次回!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です